五観の偈

五観の偈

一には功の多少を計り彼の来処を量る。
(ひとつには、こうのたしょうをはかり、かのらいしょをはかる)
This food is the gift of the earth, the sky, numerous living beings and much hard and loving work.
この目の前の食べものは、大地と空、生きとし生けるもの、そして激しくも愛情がこもった労働よりもたらされた贈り物である。
二には己が徳行の全欠を忖って供に応ず。
(ふたつには、おのれがとくぎょうの、ぜんけつをはかって、くにおうず)
May we eat with mindfulness and gratitude so as to be worthy to receive this food.
この食べものを受けるに相応しい存在になれるように、気づきと感謝とともにいただこう。
三には心を防ぎ過を離るることは貪等を宗とす。
(みつには、しんをふせぎ、とがをはなるることは、とんとうをしゅうとす)
May we recognize and transform unwholesome mental formations, especially greed.
こころを汚す三つの毒のうち、とくに貪りに注意して、それが浄化され変容しますように。
四には正に良薬を事とするは形枯を療ぜんが為なり。
(よつには、まさにりょうやくを、こととするは、ぎょうこを、りょうぜんがためなり)
May we take only foods that nourish us and keep us healthy.
我々の身体に栄養をあたえ、健康を維持するのに役立つ食べもののみをとるようにしよう。
五には成道の為の故に今此の食を受く。
(いつつには、じょうどうのためのゆえに、いまこのじきをうく)
We accept this food so that we may nuture our sisterhood and brotherhood, build our Sangha, and nourish our ideal of serving living beings.
この食べものを受けることで、みんなが兄弟、姉妹どうしとして仲良くなり、サンガが築かれ、生きとし生けるものに尽くすという理想が実現しますように。